病院・福祉施設における省エネ補助金活用

 病院は、一般的に24時間稼動の施設が多く照明や空調、厨房、医療機器などを常時使用し、他業界と比べ多くのエネルギーを消費しています。また、夜間に消費されるエネルギーが大きく特に給湯を多く使うため、熱の消費量が大きいことが特徴です。

 福祉施設では、グループホーム、サービス付き高齢者住宅、老人ホームなど食事、入浴、居住をメインとしていることから、空調、照明、給湯、厨房のエネルギーを多く消費します。

  病院、福祉施設は既存の施設数も多く、リニューアル・更新需要が見込まれていることから、省エネ診断、省エネ補助金を活用した空調や照明、給湯、厨房などの高効率設備・機器への更新等の省エネ対策をお薦めしています。

補助対象となる主な設備改修

高効率ボイラーへの更新

ボイラー

高効率ボイラー

     への更新

 

 

冷温水発生器の高効率機器への更新

冷凍機・

  冷温水発生器

高効率機器への更新

LED照明機器の導入

照明設備

LED照明機器の導入

LED誘導灯の導入

 人感センサーの設置

 

高効率変圧器への更新

受変電設備

高効率変圧器への更新

デマンド監視システム

       の導入

高効率空調機への更新

空調・換気設備

熱源ポンプ・空調機ファンのインバータ化

高効率空調機器への更新

遮熱フィルム・断熱窓の導入

書エネ型自動販売機への更新

自動販売機

省エネ型自動販売機の導入


高効率給湯設備への更新

給水・給湯設備

高効率給湯設備

     への更新

グリーンテクノロジーお問い合わせ

お問い合わせはこちらから🍀


コンサルティングの流れ

省エネ補助金コンサルティングの流れ

※補助金申請にかかる代行費用は、採択された場合のみ、補助金の交付決定額に応じた額をいただきます。

※成功報酬のためお気軽にお問い合わせください。

補助金コンサルティング
CO2削減ポテンシャル診断
電力監視システム グリモニ2
ZEB

省エネ補助金申請代行 お問い合わせ 050-2018-0270