グリーンテクノロジー SBTi支援コンサルタント

SBT認定 目標設定レター提出に向けて

 「SBT」とは Science Based Targets の頭文字をとった略称です。パリ協定(世界の気温上昇を産業革命前より2℃を十分に下回る水準(Well Below 2℃)に抑え、また1.5℃に抑えることを目指すもの)が求める水準と整合した、5年~15年先を目標年として企業が設定する、温室効果ガス排出削減目標のことで、2020年4月から【中小企業向けの新たな申請ルート(Target Setting Letter for SMEs)】が導入されました。

 グリーンテクノロジーでは、これまでの様々な支援実績を活かし、SBT(Science-Based Target)に準拠したGHG排出量削減目標設定に向けた、対応事項の整理や取組計画作成等をご支援します。


カーボンニュートラル推進計画作業フロー

対策項目のイメージ

1)日常の取組みによる省エネa) 機器のメンテナンス、運用改善
b) 従業員への環境教育
2)省エネ設備投資による省エネa) 省エネ設備への更新
b) 老朽化店舗の廃止及び新店舗による原単位削減
3)再エネ設備の導入a) オンサイトへの太陽光の導入
b)  オフサイトへの再生可能エネルギー発電所の建設
4)環境価値の購入a)  再エネ100%電力の購入
b)  Jクレジット等の購入

グリーンテクノロジーの強み

グリーンビズによるGHG排出量のデータベース化および各種報告書のアウトプット

グリーンビズは弊社が開発・販売する環境情報データベースシステムです。Scope1.2.3の排出量を算定するためのデータを登録し、自動で算定結果を指定のフォーマットに出力します。


国内外のCNの動向、補助金制度などへ精通

カーボンニュートラルに関する制度や補助金は毎年制度改革されます。2022年度は省エネ法が見直される予定です。補助金を活用した設備更新や再エネ発電所の建設も支援できます。


地球温暖化対策計画、省エネ診断などで培った対策方法のノウハウの蓄積

自治体の地球温暖化対策の計画策定の経験を生かし、ステークホルダーに公開できる計画書を作成します。また多数の実績に基づいた対策と削減効果を試算します。


お問合せ

お気軽にお問い合わせください。