商業施設における省エネ補助金活用

 スーパーマーケットのエネルギー消費が最も高い設備機器は、冷凍・冷蔵ショーケースや冷蔵庫などの設備であり、全体の半分を占めていてその次に照明、空調、給湯の順にエネルギーが多く使用されています。

商業施設は、施設機能の複合化・多様化等の動きが激しさを増しており、店舗の業種や販売方法などによってエネルギーの使用方法は大きく異りますが、エネルギーは照明、空調、給湯、厨房設備に使用されており、施設の改修や設備機器の更新、新規出店の際には高効率照明や高効率空調設備、最新の給湯、厨房設備を導入することで省エネ化を図ることができます。

補助対象となる主な設備改修

補助対象設備 LED誘導灯

照明設備

LED照明機器の導入

LED誘導灯の導入

照度センサーの設置

人感センサー設置 

省エネ補助金対象設備 給湯器

給湯設備

高効率給湯設備

    の導入

省エネ補助金対象設備 最新型自動販売機

自動販売機

最新型自動販売機への更新

 

省エネ補助金対象設備 空調機器 全熱交換器

空調・換気設備

高効率空調機器の導入

全熱交換器の導入

給排気一体型フード・                       ダンパの活用

 

高効率冷凍庫・冷蔵庫への更新

厨房設備

高効率冷凍

  冷蔵庫への更新

高効率変圧器への更新

受変電設備

高効率変圧器への更新

デマンド監視システム

       の導入

 

 

省エネ補助金対象設備 扉付き冷蔵庫

冷凍・冷蔵設備

扉付きショーケース

      の設置

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから🍀


コンサルティングの流れ

省エネ補助金コンサルティングの流れ

※補助金申請にかかる代行費用は、採択された場合のみ、補助金の交付決定額に応じた額をいただきます。

※成功報酬のためお気軽にお問い合わせください。

補助金コンサルティング
CO2削減ポテンシャル診断
グリモニ2
ZEB

省エネ補助金コンサルティング お問い合わせ先 050-2018-0270