環境省 令和3年度補正事業の「診断機関」に認定されました。

グリーテクノロジーは、令和4年3月25日(金)から公募が始まりました
令和3年度補正予算「グリーンリカバリーの実現に向けた中小企業等のCo2削減比例型設備導入支援事業」
の診断機関に認定されています。

「グリーンリカバリーの実現に向けた中小企業等のCO2削減比例型設備導入支援事業」とは
コロナ禍を乗り越えて脱炭素化に取り組む中小企業の対し、CO2の削減に応じた省CO2型設備等の導入を加速化すことで、企業の新たな設備投資を下支えし、電化・燃料転換も促進しながら、我が国の持続可能で脱炭素な方向の復興(グリーンリカバリー)を促進するものです。
執行団体:https://www.eic.or.jp/eic/topics/2022/gr_r03c/001(一般財団法人 環境イノベーション情報機構)

診断機関の役割

診断機関は、事業者実施者との協議、情報・データ収集により診断対象機器・設備の現状を把握します。

現地踏査、および計測等を実施してデータを分析し、課題を抽出します。対策実施の効果を試算し、対策を選定します。